幼児教育は現在盛んに行われてますが、それを行う上で注意することは、子供の負担にならないように行うことです。

教育は礼から始まります

幼児教育する上での注意点

教育は礼から始まります 幼児教育は現在盛んに行われてますが、それを行う上で注意することは、子供の負担にならないように行うことです。今我慢すれば将来的に楽になるという考え方で、幼児に勉強などを押し付ける親もいらっしゃいますが、それはあくまで親の観点であり、そんな保証はどこにもないです。親が良いと判断することは出来るかも知れませんが、子供にとって本当に良いかはわからないです。子供が負担に感じるということは、親子関係にも問題がある場合があることが多いです。小さいうちの習い事などは、子供に選択権がない場合がほとんどです。女の子はピアノやバレエ、男の子はサッカーや水泳などを習わせる家庭が多いのですが、小さいうちから始めている家庭ほど親の意見で始めた習い事がほとんどですね。

小さいうちから始めないと上達の見込めないものもあるのは事実ですし、世襲などの関係で習わせることが必要とされる家庭もあるかも知れないですが、親がなんとなく始めさせた習い事で子供が上達しないからと言って子供を責めたり一喜一憂したりするのはちょっと違うように感じられます。3〜4歳までの幼児期というのは吸収力が高く伸びる時期となってますが、それでも長い一生のうちのほんの数年となります。幼児のうちから英語をみっちり習わせることで、ネイティブのように話すことは出来るようになりますね。でも、大人になって必要とされるのは、ネイティブのような発音ではなく、ネイティブとコミュニケーションを取る力で、発音はいまいちでも、きちんと自分の意見をもって、伝えることが出来ることの方が重要なことです。英語が喋れればそれで大丈夫というのではなく、年齢に応じてより深い知識を身に付けるなどの努力を続けていくことが必要だといえます。

Copyright (C)2018教育は礼から始まります.All rights reserved.