小学校の教員でもなく小学生の子どもの親でもないという大人がキャリア教育にどのようにかかわれるかといえば、一番重要なのは実物をみせてやり、実体験をさせてあげるということです

教育は礼から始まります

キャリア教育への関わり方

教育は礼から始まります 小学校の教員でもなく小学生の子どもの親でもないという大人がキャリア教育にどのようにかかわれるかといえば、一番重要なのは実物をみせてやり、実体験をさせてあげるということです。実体験といっても、それほど難しく考える必要はなく、小学生のことは学校の先生がよく知っているので、先生がいろいろ教えて、地域に住む大人とたちにも協力を要請してきます。その時、少し無理ではないかと考えても、まずはひとまず受け入れて要望通りにしてあげるだけでも十分です。

中には熱心にキャリア教育に関わる人もいますが、小学生の場合、それほど多くのことを理解できるわけではありません。そのため、地域の大人への要望は数時間程度の職場体験や見学、子どもたちによる数時間程度のインタビューといったことが一般的です。大人はいろいろな役割分担をしながら生活を送っているということを理解してもらうために協力するというスタンスで地域の大人として気軽に参加すれば十分です。

Copyright (C)2018教育は礼から始まります.All rights reserved.